TOP >ウィングチップ


トラディショナルの基本的なデザインの一つで、呼称は「飾り革のデザイン」。
ウィングはつま先部から後方への鳥の羽根のようなW字型になっており、多数の飾り穴が開けられたデザインが多く、イギリスではカントリースポーツ用、とりわけゴルフ靴としてよく使われていました。
この飾り穴の事をメダリオンと呼び、靴そのものは「ウィングブローグ」、「フルブローグ」とも呼ばれています。
アッパーには、厚手の革が用いられ、飾り縁(ピンキング)のギザギザは、履いた時にかかる力を緩和する役割を果たしています。
穴の大きさ・デザインの違いを楽しむ事が出来き、足元で遊び心・男の色気をより一層楽しむのにこの靴は有効でしょう。
[1-12][21] 次のページへ




[1-12][21] 次のページへ

RECENTLY VIEWED ITEM

  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ブログ
  • サイズガイド
  • ケアガイド