TOP >スニーカー


ゴム底で足音がしない為、「忍び歩く」という意味の名前がついています。
キャンバス地やナイロンや革のものがあり、アメリカではつま先にイチョウの葉をかたどった革を張り付けた
「サンドシューズ」はゴム底だったため足音がしなかったので「スニーカー」と呼んでいた。
現在での解釈では、ヒールが無くフラットで、ゴムソールまたはスニーカーソールの物を一般的に「スニーカー」と呼ばれ浸透しています。
最近では、カジュアルスタイルだけではなく、ビジカジ(ビジネスカジュアル)でも取り入れやすい「ハイブリットデザイン」の物が多く出ており、 今後この様な靴が街中に多く溢れ見られる事が増えるでしょう。
機能的にも、軽く頑丈なソール・クッション性もある一足です。
[1-12][24] 次のページへ




[1-12][24] 次のページへ

RECENTLY VIEWED ITEM

  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ブログ
  • サイズガイド
  • ケアガイド